【連載】

未来都市のモビリティ

西山 敏樹
(東京都市大学准教授)

 

〈毎月第1月曜日更新(祝日の場合は翌営業日更新)〉

 

 

バックナンバー

HOME

第10回

「郊外都市でのMaaSベースのバス サーヴィスの研究(4)」

 

 5. オンデマンドバスの評価結果と考察
 オンデマンドバスの評価については,定量調査(2019年3月の実証実験終了後にインターネットを用い調査),定性調査(2019年3月17日,3月18日にグループインタヴィュー調査)の双方を実施した.以下でそれらの結果に基づき,オンデマンドバスの評価をまとめていく.定量調査の方は,全モニターのうち24名が有効回答を寄せている.24名の内男性が10名,女性が14名である.世代別では,30歳代が4名,40歳代が5名,50歳代が4名で60歳代が6名,70歳代3名,80歳以上2名となった.  
 はじめにオンデマンドバスの実証実験に参加したモニターのうち,65歳以上の高齢者を中心に,表1のような背景があることが判った.従前の公共交通手段では移動しにくい状況から,高齢者らがオンデマンドバスに期待を寄せていることが判り,高齢者増加に向けてのニーズが判明した.表2はオンデマンドバスの実証実験参加者の日常的な移動頻度である.総体的に週3日以上は日常的に移動しており,地域内での移動手段の安定的な確保が必要なことが判る.更に表3の主な移動時間帯を見ると,高齢者を中心に昼間から夕刻の移動が多い.日中の時間帯の地域内移動を安定化させる必要性が高い.表4の日常の主な移動先を見ても,たまプラーザ駅の周辺やたまプラーザ駅を経由してでの田園都市線沿線エリアへの移動が多く,地域内での移動手段を安定化させることが,重要課題と言える.表5のオンデマンドバスの利用状況であるが,モニター登録者の数の割に,実際の利用は旺盛なものとならなかった.これは自由回答から要因を探ると,スマートフォンからの予約に戸惑ってしまい(又はスマートフォンの操作自体が結局難しく),一番時間的に近いバスに乗ることを諦めざるを得ない事例が相当数あったことが背景にある.利用したい,という意思は総体的に強いことが確認され,予約方式に電話をはじめとした,レガシーな方法を残すことの重要性が判明した.
 オンデマンドバスの満足度は,表6にまとめている.表14で「どちらとも言えない」,「どちらかと言えば満足しない」,「全く満足しない」と答えた11人に聞いた満足しない訳は,表7の通りである.自由回答の結果も合わせると運行時間が昼間のみであること,スマートフォンの操作の難しさから一番近いバスの便をタイミング的に逃してしまったこと等が満足しない背景にある.今回の実験では,バス乗降場も通常の路線バスの様に決まっており,事前予約に基づいて30分1 クールとしてバスを走らせる実験であった.バスの乗降場の認知も,高齢者には難しかったようである.柔軟に乗り降りしたい場所及び時間でバスを利用出来るようにして,オンデマンド性を高めていくことが,実用化に向けた重要課題である.
 表16は,オンデマンドバスの投入による移動の回数の増減である.2名のモニターが「移動回数が増えた」と回答している.わずかではあるが,オンデマンドバスの導入の効果がデータとして現れており,高齢社会の郊外まちづくりの検討材料になる .表17は,オンデマンドバスへの支払意思金額である.概ね1回100円と答えるモニターが多かった.市民は,1コインで気軽に乗れることを望んでいる.他にも,実証実験期間中に1 回以上オンデマンドバスを利用した17人の内,「予約アプリが使いにくかった」と答えている人が9名おり,家族等の支援を受けた人も,2人確認されている.オンデマンドバスを利用したいという意思に反して,スマートフォンをベースとするMaaSの世界に入りにくい都市生活者が少なからず存在している状況が重要な問題である.以上が,オンデマンドバスの定量評価調査の結果整理である.

表1 日常的な移動に満足していない理由
(満足していないと回答した8人の内訳)


 

表2 オンデマンドバス実験参加者の日常的な移動頻度


 

表3 オンデマンドバス実験参加者の日常の移動時間帯


 

表4 オンデマンドバス実証実験参加者の日常的な主たる移動先(複数回答可)


表5 オンデマンドバスの実証実験期間中の利用状況

 

表6 オンデマンドバスを1回以上利用した人の満足度


 

表7 オンデマンドバスの不満足の理由


 

表8 オンデマンドバスによる移動の増減


HOME
株式会社ヌース出版
107-0062 東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山942
(TEL)03-6403-9781 (E-mail)logosdon@nu-su.com

Copyright © Nu-su Publishing Inc. All Rights Reserved.